単純明快、シンプルと思うこと。アクセルを踏んだら車は走る。簡単なこと、単純なことって思いますけど、実際は、エンジンが燃焼され、動力に伝わって、タイヤが回って、摩擦によって動くんですよね。こういった、一見当たり前のように思っていることでも、実はさまざまな要素が複雑に絡み合って、なし得てることってあるんです。

そう、つまり・・・・、えー、あれ?

 

すいません目的を考えずに例えだけ挙げました。






息子のクリスマスプレゼントに、仮面ライダーの変身ベルト買ってあげたんですけど、「お父さんもやってー」と息子にせがまれたもので、よーしお父さんも変身しちゃうぞーって意気揚々とベルトを腰に回したら、まさかのベルト締まらないという。自分のことを細いと思ってた時代は終わったのだなぁ。

毎週欠かさず見てるテレビ番組は3つだけ。獣電戦隊キョウリュウジャー、仮面ライダー鎧武、ドキドキプリキュア。

あ、私の話です。

すごい変な風邪を引いてしまって、もうかれこれ3週間くらい治りません。とにかく咳が止まらなくて困っています。そういえば「かれこれ」って普通に使いましたが、よく考えると面白い響きですよねかれこれ。この流れで行くと、かれこれをもじったりイジったりするんですけど、今日はちょっとそんな気にはなれないっていうか、かれこれ、正式名称は「かとうれいこコレクション」である、みたいな適当なオチでゴホンゴホン。

奥さんは片付けが苦手です。子供が2人もいるので、責めるつもりは全くありません。むしろ子育てに感謝しているくらいです。ただ、程度というものもあり、今日、家に帰ったら、「oh」というリアクションをとってしまうような部屋の有様で、確かに子供も風邪気味で機嫌悪かっただろうし、寝かしつけるまま寝ちゃったのかな、なんて思いながら片付けをしていたら、散らかっている部分の中心に、まるで玉座に君臨するかのごとく置いてあった本。タイトルは「片付けのルール」。

今日私は、私の脳は、”矢沢永吉がパンを焼いて、それを指差し「矢沢のパン」と言う”という意味不明の文書が頭に浮かんだため、それをどうにか料理して面白い文書を書こうとしたが、いかんせん矢沢のパンという語句の高いインパクトと語呂の良さにあいまって、矢沢のパン前後の文章が全く映えないため、何が言いたいか全くわからないまま、今起こったことをありのまま話すぜ的なノリでここまで書いてみたが、この文章は一度も読み返されることなく公開されるのだろうな。

「あたし」を「ぁたし」って書くことを、いいだの悪いだのってよく見るけど、あれって「そう書いている」のではなくて、「そう読んでほしい」のだと解釈することはできないだろうか。つまり、「ぁ」はカヒミカリィばりのウィスパーボイスで小さく発音し、後続の「たし」は、前後関係を強調して、無駄に大きく発声する。ナターシャを怒る時みたいな発音で。

するとどうだろう。
うん、えー、どうだろう。特に何の変化もない。自分の子供には、その言葉使いをして欲しくない、という感覚は揺るがない。

@resistance03tw
更新すると内容がtweetされるようにしました。フォローお願いします。

子供が見てるので、キョウリュージャーという戦隊ものを毎週見てます。

そこで、「ブラギガス」というメカが出始めて、やっぱり子供は欲しがるわけなんですよね。新しいオモチャ。

iphoneで、amazonでいくらかなーなんて調べてたら、

20131027-225222.jpg

 

9,000もするんかい!ってなったわけですよ。

で、もっと安いのないかなー、なんてスクロールしてったら・・・

 

 

 

20131027-225231.jpg

 

ファッ!?メイド?