誰かがメガネを着用していて、そのメガネがマイケル・ダグラスと同じブランドだった場合、マイケル・ダグラス本人である可能性があります。