今日私は、私の脳は、”矢沢永吉がパンを焼いて、それを指差し「矢沢のパン」と言う”という意味不明の文書が頭に浮かんだため、それをどうにか料理して面白い文書を書こうとしたが、いかんせん矢沢のパンという語句の高いインパクトと語呂の良さにあいまって、矢沢のパン前後の文章が全く映えないため、何が言いたいか全くわからないまま、今起こったことをありのまま話すぜ的なノリでここまで書いてみたが、この文章は一度も読み返されることなく公開されるのだろうな。